スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AdMobを使ってみた











AdMobといえば、よくあるAndroidアプリの上とかにくっついている広告です。

アプリを提供したいけど…とても有料アプリとしては使ってくれなそう…
でも収入も得たい!

そうなるとこういった選択肢しかないでしょうね。





私の動作確認環境

端末:X06HT(Desire)
OS:2.2(公式っつーかrootも取ってない)
AdMobSDK:Ver 4.1.0

特にAdMobのSDKのバージョンが古いと、全くもって導入方法が変わるので注意





必須準備

SDKの用意…
AdMob行って登録して適当に貰ってきましょう。
ついでにパブリッシャーIDなるものも適当に貰ってきましょう。
http://jp.admob.com/

AdMob SDK download とかでググれば、親切丁寧に教えてくれているサイトも見つかるかと。


続いて…以下の通りに作業を進めるだけw
http://code.google.com/intl/ja/mobile/ads/docs/android/fundamentals.html

ここで忘れてはいけないのは以下二つ
http://code.google.com/intl/ja/mobile/ads/docs/android/fundamentals.html#adactivity
http://code.google.com/intl/ja/mobile/ads/docs/android/fundamentals.html#permissions

Permissionの設定は、広告データ取ってきたり広告に飛んだりするので
当然必要ですが、思わず忘れてしまいそうなのが、
com.google.ads.AdActivity というアクティビティを宣言すること
だと思います。

なお、上記のドキュメントの通りきっちり書きましょう。
AdActivityを宣言し忘れたり、configChangesの内容を端折ったりすると、コンパイル段階でエラーになりましたw





XMLだけで表示する場合

http://code.google.com/intl/ja/mobile/ads/docs/android/banner_xml.html#defineadview

上記の 「Defining a com.google.ads.AdView」の項目にあるXMLをコピって終了。
コピった先がmain.xmlとかなら、あとはsetContextView( R.layout.main)を適当に呼べばよし。
ads:adUnitIdには、AdMobで発行されたパブリッシャーIDを突っ込むのを忘れずに。





自前実装

http://code.google.com/intl/ja/mobile/ads/docs/android/fundamentals.html#addadview

といってもXMLで書くのをソースで書いて、loadAdを呼ぶだけ。
本当に上記の通り。
AdViewを生成するときに、コンストラクタにAdMobで発行されたパブリッシャーIDを突っ込むのを忘れずに。





上記を実行すると見たことのある、あの広告画面が表示されます。
メデタシメデタシ

とは終わらない…

ここまでの内容だと、本当にドキュメントを流し読みすりゃ出来る内容です。
ぶっちゃけAdMob的に問題だろ?と思うのは…

テストモードに関しての記述が少なすぎること。

てっきりAdMobのサイト上で設定するとかMarketに登録されるまでテスト広告がでるんでしょ?
とか思ってましたよ。


というわけで次は肝心のテストモードに関してです。



関連記事

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

tag : android サンプルソース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

駄猫

Author:駄猫

Twitter
その他
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。